HOME > 受診について > 主な対象疾患

受診について

主な対象疾患

歯科・口腔外科では、腫瘍・嚢胞・外傷・炎症・抜歯などの口腔外科手術全般および臨床各科との密接な連係の基に、種々な疾患をもつ患者さんの一般歯科治療を行っています。また歯周病、顎関節疾患、口腔粘膜疾患そしてインプラント・補綴(入れ歯)外来などの特殊外来も設けています。

当診療科の対象疾患

  • A 顎口腔外科疾患

    1. 埋伏歯
    2. 炎症:智歯周囲炎・顎骨骨膜炎・顎骨骨髄炎・歯性上顎洞炎など
    3. 外傷:顎骨骨折・歯牙脱臼・口腔内およびその周囲の裂傷など
    4. 嚢胞
    5. 顎口腔腫瘍
    6. 顎の変形:上下顎前突症(うけ口など)・顔面非対称など
  • B 一般歯科疾患(ムシ歯・歯周病など)

    特に心疾患・糖尿病・脳血管障害などの基礎疾患があり、
    一般開業医では治療が受けられない患者および入院患者さんの治療に重点を置いています。

  • C 歯科インプラント

  • D 顎関節症

  • E 口腔粘膜疾患:アフタ性口内炎・ドライマウス・歯科金属アレルギー・味覚障害・舌痛症など

  • F 歯列不正

具体的な症状

抜歯をした後血が止まらない、あるいは痛みがなくならない。
急に顔が腫れてしまった。
治療しても歯の痛みがなくならない。
義歯がうまくあわない。
義歯があたってできた傷がなかなか治らない。
歯や顎が折れた。
口内炎や口の中のできものがなかなか治らない。
インプラント(人工歯根)の治療を受けたい。
顎が痛かったり、カクカク音がしたり、口が開きずらくなった。
歯並びが悪くて食物が噛めない、あるいは見てくれが悪い。
口が乾燥する。
舌がひりひり痛む。
歯ぐきがはれて血や膿がでる。歯がグラグラする。